大好き(゚∀゚)2ちゃんねる

11月≪ 12月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怖        い        話

351 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 23:30:56.84 ID:cHd3omGj0
ある有名な心霊スポットへ、深夜に車で行ってみたんですって。
トンネルを抜けると、そこが有名な心霊スポット。
と、そこに目の前にふっと女の人の白い影が。
あ! と思って、慌ててブレーキを踏んで、降りてみたところ、
そこに人影はなく、目の前は崖。
なんでもガードレールが壊れていて、ブレーキを踏んでなかったら
落ちてしまっていたかもしれないということです。

「あの幽霊は助けてくれたんだ」

そう思って、そこで手を合わせ、お祈りして帰路についたそうです。
トンネルを引き返す途中、ふとミラーを見ると、後部座席に、先ほど、
目の前を横切った女の人の姿が……。
その女の人は、こう呟いたそうです。

「死ねばよかったのに」

「いや、でもホント助かったよ。ありがと」

「ば……ばかっ、あんたなんか死んじゃえばよかったのよ!」

「お礼しないとな。また来週きてもいいかな」

「ダ、ダメっ! また落ちそうになったら危なあわゎ///」

翌週、なんか弁当用意して待っててくれました。
作りすぎただけで、決して僕のために用意したんじゃないそうです。

   ←べっ別に押してくれなくてもいいんだからねっ

続きを読む »

スポンサーサイト

HOME

お気に入り登録
オススメ記事

FC2ブログランキング
リンク
最新記事
カテゴリ
楽天サーチ

楽天で探す
楽天市場

月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター

全記事表示リンク
プロフィール

ありんこ33

Author:ありんこ33
こんにちは、2ちゃんねらーです。

なかなか更新されない時は、お気に入りのスレが埋まらないんだな、と思って待っててください。
あまりに進みの遅いスレは痺れを切らして埋まる前に更新しちゃうかもしれません。

当ブログはリンクフリーです。
ですが一応、ご連絡いただけたら嬉しいです。

相互リンク・相互RSSも喜んでお受けします!

相互リンク依頼・ご意見・苦情等は
下にあるメールフォームからご連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
アクセスランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

-
-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。